〈「獺祭」初の中国向け越境EC利用、「純米大吟醸 磨き 二割三分」など販売〉
日本製商品に特化した中国消費者向けの越境EC(電子商取引)プラットフォーム「豌豆(わんどう)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ(翁永飆〈おうえいひょう〉社長)は1月22日、山口県の旭酒造が製造する「獺祭」の販売を開始した。

同商品は10年前より中国にて一般貿易の輸出販売を実施しているものの、越境ECの仕組を用いた販売は今回が初となる。

販売商品は「獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分」「獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分」「獺祭 純米大吟醸 磨き 50(カートン入り)」(各300ml)、「獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分」(720ml)の4商品。

【関連記事】
インアゴーラ、越境ECに新システム「WJS」構想 日本商品を手軽に中国へ
1人あたり酒類消費 県別トップ5は東京・高知・宮崎・青森・秋田 大阪・新潟は陥落
平日の家飲みは時短傾向、手軽に酔えることを期待 最もよく飲まれるお酒は「ビール類」、次いで「焼酎」
「清酒製造業の概況」欠損企業及び低収益企業減少の傾向続く