キリンビール、サッポロビール、サントリービール、アサヒビールは、物流部門での環境負荷の低減と長距離トラック輸送の削減によるドライバー不足への対処を目的に、関西・中国-九州間の社内輸送において共同でモーダルシフト(トラックによる幹線貨物輸送を鉄道などに転換)に取り組むことで合意した。4月9日から開始する。

関西・中国から九州へ向かうビール4社の専用列車には、各社の物流拠点から最寄りのJR貨物ターミナル駅を経て、JR 大阪貨物ターミナル駅とJR 岡山貨物ターミナルに集められた商品(主に酒類・飲料)を積み込む。九州に到着した商品は、各社の最寄りにあるJR 貨物ターミナル駅から、それぞれの物流拠点へ配送される。専用列車は、年間を通じて毎週月曜日に運行する予定。

一方、九州から関西・中国へ向けた輸送は、九州地区にある各社の製造・物流拠点からJR福岡貨物ターミナル駅に集めた商品を、同区間の空きコンテナの輸送枠を活用して毎日運行する予定。

この取り組みにより、4社合計で、大型トラック2,400台相当の長距離輸送能力を鉄道コンテナで確保し年間のCO2排出量が約1,500t(従来比で約74%)削減できると試算している。4社は、引き続き「競争と協調」の視点から既存の枠組みを超えた協力体制を構築することで、さらなる持続可能な社会への貢献を目指すとしている。

〈酒類飲料日報 2018年4月4日付より〉

【関連記事】
4月1日のビールの定義変更で各社が新商品、柑橘フレーバーが主流
狭義のビールへの注力の一方で新ジャンル競争も熾烈に/春のビール4社新商品
ノンアルコールビールの出荷、"08年比15倍"に拡大 背景に技術向上、メーカー各社は販売拡大を計画
国内最大の冷蔵倉庫が竣工・稼働開始/大田区平和島・東京団地冷蔵