サッポロビールは4月3日に発売したRTD商品「りらくす」の発売記念イベントとして、4日から5日の2日間、東京都港区の六本木ヒルズ大屋根プラザでサンプリングイベント「“す”ぷりんぐイベント」を実施した。7日から8日には大阪市北区の阪急梅田ビッグマン前広場で同イベントを実施する。

同イベントは会場内に3種類のフレーバーの色に合わせた3つの冷蔵庫を設置して、体験者自身が“す”きなフレーバー(かろやかアップルビネガー・すっきりレモンビネガー・ほろあまぶどうビネガー)の冷蔵庫を開け、中にいるバーテンダーから商品をもらうというサンプリングイベント。東京では各フレーバー合計1万本、大阪では1万2,000本を配布する。

4日には同商品のイメージキャラクターを務めるフリーアナウンサーの田中みな実さんが出演する「“す”ぷりんぐトークショー」を同会場で実施。田中さんは同商品が訴求する「22時のリラックスタイム」で着用する部屋着のような衣装で登場し、「“りらくす”はアルコールが8%と高めなので1本で満足することができ、簡単に一息つけそう。どのフレーバーもスッキリと飲みやすく美味しいが、中でも“ほろあまぶどうビネガー”の果実味が好み」と同商品の印象について話した。

〈酒類飲料日報 2018年4月5日付より〉
イベント会場イメージ

イベント会場イメージ

【関連記事】
サッポロ、新ブランド「りらくす」4月発売/2018年RTD事業説明会
サッポロ、「麦とホップ」で「シンプルだが本質的なこだわり伝える」 新CMに二宮和也さん・篠原涼子さん
「アーモンド・ブリーズ」刷新、“植物性ミルク”の定着目指す/ポッカサッポロフード&ビバレッジ
サッポロビール、新卒採用のエントリーシート選考でAIを導入