〈エントリーシートの選考時間を約40%削減、直接コミュニケーションの増加へ〉
サッポロビールは、2019年度新卒採用のエントリーシート選考において、AI(人工知能)を活用することを決定した。

新卒の採用活動では、大勢の応募者から短期間で選考することが求められており、膨大な時間を要している。これを改善することで、より一層コミュニケーション重視の採用活動を目指す。

昨年、試験的に取り入れたところ、人事担当者がエントリーシート選考にかける時間を、これまでの約40%削減できる効果を得たことから、今年本格的に導入。削減した時間は、セミナーなどの応募者との直接のコミュニケーションの場を増やすことに充てる。またこれにより、エントリーシートの応募期間延長も可能となる。

具体的には、過去のデータを学習させたAI に、応募者のエントリーシートを読み込ませ、合格基準を満たす評価となった応募者を選考通過とし、それ以外のエントリーシートは、これまで通り人事担当者が全て内容を確認し、最終的な合否の判断を行う。これにより、AIの客観的かつ一貫性のある判断基準を活用することで、より適正な選考を行っていく。

サッポロビールは「“人”こそがなによりの財産であると考え、“人材”を“人財”と表記している。採用活動においても、先端技術を活用しながら、一人でも多くの、明るく楽しく前向きに挑戦できる素敵な“人財”に出会えることを目指していく」とAI導入についてコメントしている。

〈酒類飲料日報 2018年3月5日付より〉

【関連記事】
「続・ビール強化」を掲げ、4年連続前年超え目指す―サッポロ2018年事業方針
〈ビール4社の営業トップに聞く〉サッポロ・宮石常務 「黒ラベル」缶2年連続2ケタ増へ
2018年のRTD事業説明会開催、新ブランド「りらくす」4月発売/サッポロビール
60歳以上の経験者を募集、ネスレ日本が「シニアスペシャリスト採用」を開始
イズミヤ 大阪・あびこ店2階に保育施設 子育て中の人手確保に「効果は絶大」
ゼンショーHD 職場環境改善の要に“事業所内保育所”、年度内に新たに2施設を予定
中高年向け、「第四新卒」の商標出願 応募2000人以上、70代からも/森下仁丹