国税庁が発表した1月の酒類課税数量は国産酒・輸入酒合計は46万9,301klとなり、前年比1.9%増となった。

輸入はどちらも2ケタ減となっているが、国産のスピリッツ類が17.4%増、リキュールが11.6%増となり全体の数量増に貢献。また、最も数量が大きなビール(国産)も0.8%減と微減で収まったことも数量増の要因。

ウイスキーは国産、輸入共に大幅増となり21.8%増、甘味果実酒も同様に15.2%増となった。果実酒は国産が0.7%減とわずかに数量を減らしたものの輸入が12.3%増となり、合計では8.9%増。

和酒は清酒が4.1%減、連続式蒸留焼酎が1.6%減、単式蒸留焼酎が1.0%減とそれぞれ数量を減らしている。
1月の酒類課税数量(国産酒)

1月の酒類課税数量(国産酒)

1月の酒類課税数量(輸入酒)

1月の酒類課税数量(輸入酒)

〈酒類飲料日報 2018年4月17日付より〉

【関連記事】
2017年の酒類の課税数量は国産輸入計で0.2%減、輸入は0.3%増―国税庁
2017年輸入酒銘柄別ランキング ワインは「アルパカ」が圧倒的トップ
2017年のビール5社の課税は2.6%減、2年連続で全社マイナス