日本洋酒酒造組合がまとめた1~3月の国産洋酒の出荷は、合計で108.8%となった。ウイスキーは112.9%と好調を持続している。RTDの「スピリッツ・発泡性」は111.4%の2ケタ増。

同じく3割程度をRTDが占める「リキュール・カクテル・チューハイ・発泡性」は108.6%。ホワイトスピリッツではジンが101.5%と前年を超えている。

3月単月でみれば、ウイスキーは108.7%で、3カ月連続のプラス。

2017年12月こそ99.9%で僅かに6カ月ぶりのマイナスとなったが、引き続き、順調に伸ばしている。RTDの「スピリッツ・発泡性」は114.3%の2ケタ増。同じく「リキュール・カクテル・チューハイ・発泡性」も114.6%と2ケタ増。

〈酒類飲料日報 2018年5月8日付より〉

【関連記事】
2017年1~12月の国産ウイスキー出荷は9.2%増、6年連続の増
2017年の日本産酒類輸出金額は約545億円で6年連続過去最高、数量も過去最高水準
・ワールドウイスキーアワード 最高賞に「イチローズモルト」「竹鶴」「白州」
小正醸造、「嘉之助蒸溜所」を竣工、ウイスキー事業に参入