キリンビールは、3月13日に発売した新ジャンル「本麒麟」が、6月下旬に年間販売目標である約510万c/sの約7割にあたる360万c/sを突破した。販売好調につき、当初予定の約5割増となる約790万c/sに上方修正する。

「本麒麟」は、発売から約3カ月で1億本(350ml缶換算)の販売を達成した。これは同社新ジャンル史上2番目の販売スピードで、「のどごし〈生〉」以来、13年ぶりの大型新商品となった。

同社は、好調の要因として次の点をあげる。

〈1〉ビールに期待される“力強いコクと飲みごたえ”の実現。新ジャンルでありながら、ビールに期待される“力強いコクと飲みごたえ”のあるうまさを味わえる商品。爽やかな香りと上質な苦みが特徴のドイツ産ヘルスブルッカーホップを一部採用し、同社主要新ジャンル商品の1.5倍の時間をかける長期低温熟成により雑味を低減し、よりコクが感じられる味わいに仕上げた。アルコール度数も6%と少し高めに設定することで、力強い飲みごたえも味わえる。

〈2〉視認性が高く、本格的なおいしさを期待させるパッケージデザイン。上質で、目にも留まりやすい「赤」のパッケージカラーや中央にあしらった「本麒麟」のロゴ、キリンの聖獣に本格感・品質感を感じると、大変好評という。

〈3〉CMの話題化。CMに、6月7日からYOSHIKI さんが登場。YOSHIKI さん自らCMへの出演を発表したInstagram は再生回数20万回を突破した。YOSHIKIさん出演のCMやキャンペーン関連の動画も、10日間で500万回再生され、話題となった。

〈酒類飲料日報 2018年6月27日付より〉

【関連記事】
・YOSHIKIが「本麒麟」に"格付け"、「楽曲に例えれば“X”が近い」
・「本麒麟」が3カ月で1億本突破 「のどごし」に次ぐ史上2番目のスピード/キリンビール
・キリンとセブン&アイ、「一番搾り 匠の冴(さえ)」を共同開発
・キリン×亀田製菓×ハブの「柿の種 パドロン風味」、HUB店舗限定で発売
・90周年の「キリンレモン」、守ってきたのは“品質本位” 聖獣マーク冠して刷新
・新“麦茶”と“麦のカフェCEBADA”発売、「新たな飲み物文化を切り拓く」/キリンビバレッジ