国分グループは首都圏・関信越エリア展示会を27、28日にサンシャインシティで開催し、約4,000名が来場した。

国分首都圏の留め型商材である二八そばの「江戸そば」(長野県・山本食品)と日本酒メーカー6社の試飲試食を展開。日本酒はそばに合う本醸造を中心に試飲させた。「菊正宗 上撰 純米樽酒」「高清水 酒乃国純米酒」「大関 辛丹波」「松竹梅 白壁蔵〈生酛吟醸〉」「月桂冠 特撰壜」「白鶴 特撰 特別純米酒山田錦」。

国分フードクリエイトなどグループが連携して「ロカボ バル」を中央試食エリアに設置。適正糖質=ロカボなおつまみを提案した。

タイトルは適糖酒場(てきとうさかば)。食・楽健康協会が監修した。酒類はサントリーが担当して「〈頂〉極上ゼロ」「オールフリー」「ジムビーム」「金麦オフ」「角瓶」を提供した。

メーカーブースでは「食・酒・菓子コラボ」提案を行った。酒類飲料に関わるものでは「プチッと鍋と清酒のおいしい関係!」(大関×菊正宗酒造×月桂冠×エバラ食品工業)、「レモン×レモン! ダブルレモンサワー提案」(宝酒造×博水社)、「クラフトコーラハイボール&和クラフトジン」(サントリー酒類×サントリーフーズ)、「チョコレートとウイスキー 素敵なマリアージュ」(サントリー酒類×ロッテ)、「缶つまと合うビール・清酒・焼酎提案」(黄桜&櫻正宗&三和酒類×缶つま)、「キリンレモンでシュワシュワゼリー」(キリンビバレッジ×津山屋製菓)、「お手軽サワー提案 キリンレモンサワー&ソルティライチサワー」(キリンビール×キリンビバレッジ)、「STRONG RTD×ポテトチップス」(キリンビール×湖池屋)、「GO!GO! 東京オリパラ2020」(アサヒビール×明治)、「気軽にパーティ!」(モルソン・クアーズ・ジャパン×キューピー×ヤマザキビスケット)、「夜もグラノーラ!」(サッポロビール×カルビー)。「黒ラベル×発酵レモン酢 レモンビネガービアカクテル」(サッポロビール×ポッカサッポロフードアンドビバレッジ)、「大吟醸香る どら焼き提案!」(日本盛×丸京製菓)、「米×米 おいしいコラボ」(白鶴酒造×岩塚製菓)、「薩摩白金×とろとろ豚なんこつの味噌煮込み」(白金酒造×食卓に彩を 膳)、「プレミアムすだちサワー提案」(本家松浦酒造場×友枡飲料)、「鍛高譚×C1000&1日分ビタミン」(合同酒精×ハウスウェルネスフーズ)、「赤い白鹿 白鹿とリコピンリッチのおいしい出会い」(辰馬本家酒造×キッコーマン食品・キッコーマン飲料)、「プロがお奨め! コーヒー×スティック菓子」(江崎グリコ×UCC 上島珈琲)。

〈「夜のフルグラ」を提案―サッポロ〉
アサヒビールは「スーパードライ+カルピス」の「ダブルカルチャード」や「ウヰルキンソン・ジン」「同・ウォッカ」をウィルキンソントニックで1:3で割る簡単カクテルを提案した。

キリンビールは「キリン ザ・ストロング」「のどごしストロング」と湖池屋の「ポテトチップスSTRONG」をガツンとくる味わいの掛け合わせとして提案。サントリーは、マルチユースなプロ向けプレミアムシロップ「わつなぎ」、2種類のガス圧を用意した「山崎の水」、ブルックリン生まれのクラフトコーラ「キャレブズ コーラ」を中心に提案。特に相性が抜群という和のハイボール「ROKU 生姜ハイボール」(わつなぎ生姜+ROKU+サントリーソーダ)を試飲に供した。

サッポロビールは、そもそもは朝に食べるカルビーの「フルグラ」にスコッチ「デュワーズ」を振りかけてクリームチーズにまぶして楽しむ「夜のフルグラ」を提案。レシピはフルグラ50g+クリームチーズ100g+デュワーズをスプーン1杯。材料を全部混ぜて、冷やして固める。今後、スーパー店頭で訴求するという。
「夜のフルグラ」を提案―サッポロ

〈酒類飲料日報 2018年6月29日付より〉

【関連記事】
・国分グループが低温フレッシュ・フードサービス事業方針説明会
・国分グループ本社、沖縄のりゅうせき低温流通を買収
・国分がインド産シングルモルトウイスキー「ポール・ジョン」5品を発売
・〈第47回食品産業技術功労賞〉国分グループ本社「tabete ゆかりの」(フリーズドライ製法のスープ)の展開
・スーパーマーケットトレードショー2018、酒類で春夏の提案続々 清酒は様々な切り口で「生酒」提案