ベルギービール正規輸入会社を中心に構成するベルギービールウィークエンド実行委員会は今年、全国7会場で「ベルギービールウィークエンド」を開催。東京会場は、六本木ヒルズに加え、日比谷公園・噴水広場でも8月9~12日に初開催。全46日間で、20万人の来場を見込む。5日には、記者発表会を駐日ベルギー王国大使館で開催した。

【関連記事】
・「ベルギービールウィークエンド2018横浜」実施、ラウンジ席設置など新企画も

今年は「おいしくて、ワクワク」をテーマに、全163種類のビールをラインナップ。うち、63種類が初登場で、72%は樽生で提供する(会場により、提供ビールは異なる)。

今年の目玉は、日比谷公園会場の追加。緑あふれる話題のスポットで「URBAN RESORT」をコンセプトに、アウトドアメーカー「snow peak」とコラボレーションする。また、有料予約制ラウンジを新設(4名2,000円・席代のみで2時間入れ替え制)したほか、昨年は金曜限定だった「飲み比べセット」(100セット限定)も提供する。前売価格は2,900円で、さらにお得なグループセット(4名で11,200円)も用意。チケットは公式サイトでも購入が可能になった。

既に開催された名古屋には6万人、横浜2万4000人、大阪1万8000人、札幌1万9000人と、4会場で既に12万人以上が来場した。今後、8月の日比谷公園会場には2万5000人、8月末からの神戸会場に1万8000人、9月の六本木会場には3万人の来場を見込む。

発表会の冒頭、名誉実行委員長のギュンテル・スレーワーゲン駐日ベルギー王国大使は、「ベルギービールの多様性だけでなく、ベルギーという国や文化までも伝えるこのイベントも今年、9年目を迎えた。横浜会場では累計で100万人目の来場者数を記録。時間を楽しむためのベルギービールの魅力が広く伝わっていることをうれしく思う」とあいさつした。

また、同イベント実行委員長の小西新太郎氏は先月、ベルギー王国フィリップ国王より「王冠勲章コマンドール章」を受章したことを受け、「ベルギービールを通じてベルギーの文化を伝えてきたが、この勲章はベルギービールを扱う皆を代表していただいたものだと思っている。税制改正の定義変更で、コリアンダーなどの副材料を使ったベルギービールの多くが“ビール"定義になったことも評価された。これにはベルギー大使をはじめ、多くの方々の力添えをいただいた。定義変更でスペシャリティビール市場の競争は激しくなったが、ユネスコの文化遺産に登録されたベルギービールはクラフトビールの原点だ」と、同国の多様なビール文化をあらためてアピールした。また、新設された日比谷会場については「六本木ヒルズでは(スペースの関係で)できなかったことに挑戦したい」という。

〈酒類飲料日報 2018年7月9日付より〉

【関連記事】
・「日本にプレミアムビール根付かせる」/世界No.1ビール企業・ABインベブ 日本における方針
・4月1日のビールの定義変更で各社が新商品、柑橘フレーバーが主流
・RSRケグや木製ラベル、ボトル整列ロボ、ろ過膜を紹介/ドリンクジャパン