あの「雪印コーヒー」のお風呂に入れる、ユニークな企画を実施するのは雪印メグミルク。ドラマや映画のロケ地としても有名な東京都大田区南雪谷の銭湯・明神湯とタイアップし、2月16日から18日の3日間限定で、“世界初、入れる雪印コーヒーの湯”を実現、往年の雪印コーヒーファンをはじめ、銭湯好きの間で話題となりそうだ。

17年4月から1年間を通して展開してきた、発売55年記念キャンペーンの最終章として実施するもので、「雪印コーヒーを五感で味わってもらう企画」(同社)。明神湯では通常のお湯に加え、あの色あい、香り、“肌触り”を徹底再現した「雪印コーヒー」の湯を用意、全国で3名しかいない銭湯絵師・丸山清人さんが「雪印コーヒー」の世界観を表現した壁画、暖簾(のれん)や桶にいたるまでスペシャルデザインへ変身させ、湯上りには乾いた喉を潤してもらおうと「雪印コーヒー」を数量限定でプレゼントする。

銭湯内には、キャンペーンを第1弾から振り返ることができる特別展示もあり、まさに触れて、味わって、見ての五感で味わう「雪印コーヒー」尽くしのイベントとなる。

なお「雪印コーヒー」は1963年に三角パックで登場し、70年に500ml紙パックにリニューアル、この時から茶・黄・赤の「雪印コーヒー」カラーを採用、78年に1L紙パックとなった。その後はミルク感を重視し、時代のニーズや嗜好の変化に合わせて中味を少しずつ進化させ、次々と新しいコーヒーブームが到来する中でも、コーヒー乳飲料のスタンダードとして市場に根づいている。

50周年の時には、ユーザーの若返り、若年層の取り込みを意識し、ファンと共にブランドキャラクターを誕生させるなど、20代の取り込みも徐々に進んでいる。今回は銭湯とのタイアップとあって、往年のファンや銭湯ファンなどの間で話題を集めそうだ。

タイアップ企画詳細は以下、キャンペーンサイトから。
【キャンペーンサイトURL】http://www.yuki-coffee55.jp/

【関連記事】
〈第47回食品産業技術功労賞〉雪印メグミルク「6Pチーズ」の新たな食べ方提案
雪印コーヒー55年の誕生日 異色コンビで55尽くし“愛”披露
家庭用マーガリン新商品を紹介、雪印メグミルク「ミルキーソフト」も―日本アクセス展示会
“コーヒーとチーズ”組み合わせて「もっと身近に」 チーズの新しい楽しみ方を発信
牛乳の味は餌や牛の体調で変わる 学校給食の牛乳、風味変化問題は酪農理解が重要
ベビーチーズ市場4年連続急成長 40~50代おつまみ、シニアCa補給で支持