讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は8月31日、「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」を発売する。全国の「丸亀製麺」「麺屋通り」で取り扱う(一部店舗除く)。

「丸亀うどん弁当」は、4月から販売開始したテイクアウト限定メニューで、「うどん」1玉に、「天ぷら」や「おかず」をセットにしたもの。テイクアウト容器を四角形にするなどテーブルなどが無くても食べやすい形状で、“行楽のおともに、おうちや職場のランチに”と活用の場を訴求している。今回、「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」をラインナップに加え、定番商品「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」や、7月から販売開始した「丸亀こどもうどん弁当」と合わせて展開する。

〈関連記事〉丸亀製麺「丸亀こどもうどん弁当」“7種のおかず”と“だし容器”のこだわりとは

新商品「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」は税込620円。ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「まいたけ天」「秋なす天」「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら4つと、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。

「秋なす天」はみずみずしく実がしまった“秋なす”を使用し、お店で切り込みを入れることで揚げ上がりがふわっと広がるように仕上げているという。「まいたけ」は“雪国まいたけ”を使用し、食感をより楽しめるように、大きな房から手でわけている。

定番ラインナップ「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」は税込390円。ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら2つと、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。

「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」は税込490円。ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「えび天」「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら3つと、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。

「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」は税込620円。ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「かしわ天」「えび天」「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら4種類と、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。
丸亀製麺「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

丸亀製麺「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

7月発売の「丸亀こどもうどん弁当」は、ぶっかけうどんに7種類のおかず「とりももの唐揚げ」「揚げシューマイ」「ウィンナー」「たまご焼き」「枝豆・コーン」「ブロッコリー」「きんぴらごぼう」をあわせた商品。うどんの量は2種類から選べ、並(1玉)税込550円、2分の1玉は税込450円。小さい子どもが1人でも食べやすいよう“先割れスプーン”も用意している。年齢制限はないため、大人も購入可能。

丸亀製麺「丸亀こどもうどん弁当」

丸亀製麺「丸亀こどもうどん弁当」

昨今はコロナ禍でテイクアウトの需要が伸長し、「丸亀製麺」だけでなく、他のうどんチェーンもテイクアウト商品に注力している。
 
「はなまるうどん」は5月から、新「はなまるうどん弁当」4種を発売。「ぶっかけうどん(冷)」に“天ぷら”と“おかず”をセットにした弁当だ。
 
〈関連記事〉「新はなまるうどん弁当」発売、テイクアウト限定370円から

はなまるうどん 新「はなまるうどん弁当」

はなまるうどん 新「はなまるうどん弁当」

福岡県北九州市のうどんチェーン「資さんうどん」は6月から、テイクアウト限定「とくとく弁当」を販売。うどん・天ぷら・おかずをセットにした商品で、「定番」「かしわ入り」「牛肉入り」の3種をラインナップする。
 
〈関連記事〉資さんうどん「とくとく弁当」発売、冷たいうどんに天ぷら4種で500円、かしわ・牛肉入りも

資さんうどん「とくとく弁当」定番・かしわ入り・牛肉入り

資さんうどん「とくとく弁当」定番・かしわ入り・牛肉入り