讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は8月31日、「タル鶏天ぶっかけうどん」を発売する。全国の「丸亀製麺」「麺屋通り」で取り扱う(一部店舗除く)。10月中旬までの期間限定予定。

「タル鶏天ぶっかけうどん」は、うどんに「鶏天」4つと「タルタルソース」を合わせ、アクセントに「柚子皮」をのせたメニュー。2014年に初登場して以来人気を得ている期間限定メニューで、2020年に販売した際には“238万杯”を売り上げたという。丸亀製麺が2020年に実施した、20周年企画「あなたが選ぶ!うどん総選挙」では、55万票を超える投票の中から、みごと1位に輝いている。価格は、(並)税込690円、(大)税込800円、(得)税込910円。並・大はテイクアウト可能。テイクアウトの際は容器代として別途税込30円必要。

「鶏天」は、鶏のもも肉を使用。揚げ時間にこだわり、“柔らかく、噛む度にジュワっと溢れる肉汁が口いっぱいに広がる”仕上がり。下味の柚子の爽やかな風味が、あとからほんのりと鼻から抜けるのもポイントだという。

「タルタルソース」は、酸味の利いたピクルスと玉ねぎに、ゴロゴロした食感のゆで卵を合わせた特製タルタルソース。“具材感と濃厚感がありながらも、ふわっと軽め”仕上がり。特製タルタルソースと鶏天がぶっかけだしに合わさることで、だしに油が溶け出して食べやすくなるという仕組みにもなっているという。また、税込30円で「タルタルソース」追加トッピングすることも可能。“追いタルタルソース”をすることで、贅沢感と満足感がさらにアップするという。

トッピングの「柚子皮」は、さっぱりとした風味が、鶏天とタルタルソースの味わいを際立たせるアクセントになっているという。

〈関連記事〉丸亀製麺「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」発売、秋なす天・まいたけ天など4種天ぷら入り、テイクアウト限定セット
丸亀製麺「タル鶏天ぶっかけうどん」イメージ画像

丸亀製麺「タル鶏天ぶっかけうどん」イメージ画像

なお、「丸亀製麺」では「タル鶏天ぶっかけうどん」と同じ8月31日から、「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」を販売する。同店のテイクアウト限定メニュー「丸亀うどん弁当」の新作で、“秋なす”“まいたけ”の天ぷらなどを入れている。

丸亀製麺「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

丸亀製麺「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

昨今、コロナ禍を背景にテイクアウトの需要は伸長しており、“うどん弁当”メニューの展開は「丸亀製麺」以外のうどんチェーンにもみられる。
 
「はなまるうどん」は5月から、新「はなまるうどん弁当」4種を発売。「ぶっかけうどん(冷)」に“天ぷら”と“おかず”をセットにした弁当だ。
 
〈関連記事〉「新はなまるうどん弁当」発売、テイクアウト限定370円から

はなまるうどん 新「はなまるうどん弁当」

はなまるうどん 新「はなまるうどん弁当」

福岡県北九州市のうどんチェーン「資さんうどん」は6月から、テイクアウト限定「とくとく弁当」を販売。うどん・天ぷら・おかずをセットにした商品で、「定番」「かしわ入り」「牛肉入り」の3種をラインナップする。
 
〈関連記事〉資さんうどん「とくとく弁当」発売、冷たいうどんに天ぷら4種で500円、かしわ・牛肉入りも

資さんうどん「とくとく弁当」定番・かしわ入り・牛肉入り

資さんうどん「とくとく弁当」定番・かしわ入り・牛肉入り