全国農業再生推進機構、(株)グレイン・エス・ピー(東京都文京区、八木俊明会長)は23日から、「米マッチングフェア2018」の産地向け募集説明会を全国で巡催する。

「米マッチングフェア2018」は業務用(中食・外食)に適した米の複数年契約・播種前契約などに向けて産地と実需者を結びつけるイベントで、「地方開催だと実需者が訪れにくいという声が多かったので、今年は東京・大阪に絞ることでさらに来場者を増やしていきたい」(事務局)としている。今回の説明会は出展者となる産地側の大規模生産法人や単協が対象となっている。申込・問合せは「米マッチングフェア2018」事務局まで((株)グレイン・エス・ピー、末田氏・小林氏、 03-3816-0672、FAX 03-3816-0708、kome-matching@grainsp.co.jp)。

【説明会】(いずれも13時30分~15時)
▽大阪=5月23日(TKPガーデンシティ東梅田)
▽福岡=5月29日(TKPガーデンシティ博多新幹線口)
▽広島=5月30日(TKPガーデンシティPREMIUM 広島駅前)
▽名古屋=6月1日(TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口)
▽東京=6月8日(TKPガーデンシティ竹橋)
▽仙台=6月12日(TKP仙台カンファレンスセンター)
▽新潟=6月15日(ホテルサンルート新潟)▽札幌=6月19日(TKP札幌駅カンファレンスセンター)

【展示商談会】(3日目は現地交流会)
▽東京=8月8~10日、翌2月6~8日(ホテルグランドパレス)
▽大阪=7月4~6日、翌1月16~18日(リーガロイヤルNCB)

〈米麦日報 2018年5月15日付より〉

【関連記事】
・アイホー炊飯総研・平田所長講演「用途に合わせた業務用原料米選択が重要」/米マッチングフェア2017東京
・農相に業務用マッチング支援で「要望書」提出=日米連
・【米穀VIEW983】漂流する米政策Ⅵ 平成30年産に向けて 全国組織にマッチング「本当にできるのか」懐疑の声
・【米穀VIEW984】漂流する米政策Ⅵ 平成30年産に向けて マッチング実現性に対する疑問の背景に「商売経験のない団体が事務局」