〈ノングルテン認証募集も開始〉
日本米粉協会(服部幸應会長)は4日、用途別基準(1番・2番・3番)に適合した米粉に使用される「推奨ロゴマーク」の第2号に(株)ネティエノ(山口・田布施町)の「やのくに純真米粉」を認定した。500g・1kg・10kg・20kgの包材に推奨ロゴマークが貼付される。

今回は1番・2番に適合したもの。この商品の1番は菓子・料理用のミドルタイプで、主にケーキやクッキー、天ぷら粉、お好み焼き粉などが該当する。2番はパン用で、パン全般に用いられる予定。

また、ノングルテン認証機関に選定された(一社)日本環境保健機構は1日、ノングルテン認証の専用ホームページを開設、認証を希望する米粉事業者の募集を開始した(https : //nongluten.jp/)。

日本米粉協会によると、「既に工場審査が終了し、認証判定委員会の最終審査まで進んでいる事業者がいる」とのことで、近日中にはノングルテン認証でも第1号が誕生する見込み。

〈食品産業新聞 2018年6月18日付より〉

【関連記事】
・パンに向く米粉を追求、大型粉砕機の生産能力を小型機で実現 西村機械製作所の挑戦
・〈ルポ〉木徳神糧(株)・本社併設「テストキッチン」 米粉パンなどの米加工品を取引先にPR、「ゆくゆくはNBブランドに」
・米パンブランド「FAHAN」立ち上げ、6月発売開始/第一屋製パン
・〈第47回食品産業技術功労賞〉小林生麺 アメリカでのグルテンフリーめんの普及