湖池屋と永谷園は、両社公認の“禁断グルメ”として、「ポテチ茶づけ」を提案している。湖池屋の新商品「KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩」(5月14日全国発売)を、そのまま食べた後、お茶づけの上にふりかけて食べるもの。

一部のポテトチップスユーザーに楽しまれている食べ方に湖池屋が着目、お茶づけの老舗企業である永谷園に協力を要請し、共同提案の実現に至った。両社は5月28日まで、「湖池屋×永谷園『KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩』は二度おいしい! ポテチ茶づけキャンペーン」を展開している。キャンペーンサイトで応募した人の中から抽選で、100人に湖池屋「KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩」(6袋)と永谷園「お茶づけ海苔 4袋入」(1袋)のセットをプレゼントするもの。

「KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩」は、2018年2月の「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズ1周年を機に湖池屋が始動した、“日本の誇り”である風土・文化やそれが生み出す素材を「KOIKEYA PRIDE POTATO」に込めて発信する「湖池屋 JAPAN PRIDE プロジェクト」の第1弾商品。愛知・西尾地域産の一番つみ茶葉で作った抹茶と、福岡・八女産のてん茶をブレンドして使用している。素材の旨みを活かし、軽快な食感でさっぱりとした後味。

湖池屋は「ポテチ茶づけ」について、「ポテトチップスならではの食感と風味がお茶づけに追加されることで、相乗効果が生み出される」などとしている。

〈食品産業新聞 2018年5月17日付より、一部加筆修正〉

【関連記事】
・“主菜としてサラダを楽しむ”需要が増加 食べ応えあるサラダメニュー、「ごちそうサラダ」で手軽に/永谷園
・シュゼットHD「東京百年物語」から“キリンレモンのクッキー”発売 「炭酸のような清涼感」
・カルビー「とうもりこ」 全国で順次展開、“個食スナック”の中心商品に
・“ガリガリ君リッチチョコミント” カップアイスのチョコミント好調を背景に開発/赤城乳業