コカ・コーラシステムは、日々ひたむきに働くすべての人たちに寄りそい豊かなコーヒータイムの提供を目指す「ジョージア ブランドキャンペーン」を、2月5日から全国でスタートする。

さまざまな業界で働き方が変わりつつある中、「ジョージア」ブランドも「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」「同 ヨーロピアン」「同 ザ・プレミアム」を中心にシリーズが拡充し、多彩な味わいや特徴の製品が生まれ、若い男性や女性へ飲用層が拡大している。

そこで「ジョージア」は、14年にスタートし30~40代を中心に働く男性を応援し続けてきたキャンペーンをさらに進化させ、「世界は誰かの仕事でできている。」のコンセプトはそのままに、年齢や性別、職業を超えてすべての働く人たちの頑張りに価値があることを応援する「ジョージア ブランドキャンペーン」を実施する。キャンペーンでは、山田孝之さんのほか、新たに染谷将太さん、山本美月さんがキャストに加わった新テレビCM「つながっている」篇を同日から放映。また、豪華列車のひとつ「TEILIGHT EXPRESS 瑞風」のチケットが抽選で15組30名などが当たるプレゼントキャンペーンも実施する。さらに、「ジョージア」春季限定デザイン缶の発売や、昨年に続き購入本数に応じて必ずもらえる「Coke ON」アプリ限定キャンペーンなどを展開する。

同社マーケティング本部コーヒーグループの朴英俊ディレクターは、「今までのキャンペーンは、エメラルドマウンテンを中心に、どちらかというとブルーカラーの人に向けて訴求してきた。もう少し若い人や女性など、より幅広い人にジョージアのメッセージをお届けしたいと考えた。昨今、コーヒーの飲用者が広がっているので、よりジョージアを積極的に広げていきたいと考えている。今まで、キャンペーンの“世界は誰かの仕事でできている。"は、どうしてもエメラルドマウンテンばかりに紐付いていたが、ジョージアのどの製品であってもそれぞれみなさんが頑張っているところをエモーショナルな部分も含めて応援していく」と話した。

〈酒類飲料日報 2018年1月30日付より〉

【関連記事】
コカ・コーラ、好調“リボンボトル”PRイベントに綾瀬はるかさん
“世界初”の桃フレーバー、「コカ・コーラ ピーチ」発売
「コカ・コーラ」大幅伸長を継続、冬季キャンペーンは好評リボンボトルで最大規模
〈サステナビリティ特集〉地域に根ざし、社会的価値を創出―コカ・コーラシステム
“コーヒーとチーズ”組み合わせて「もっと身近に」 チーズの新しい楽しみ方