サントリー食品インターナショナルは2月15日、グループ会社・サントリープロダクツの宇治川工場(京都府城陽市)の設備増強を18年夏頃から開始し、19年8月に新ラインの稼働を目指すと発表した。

今後も伸長が予想される麦茶やペットボトルコーヒーの、西日本エリアでの中期的な安定供給を図り、生産体制を拡充するために増設する。サントリー食品インターナショナルは今年度、「サントリー天然水、BOSSと並び、伊右衛門、サントリー烏龍茶などの無糖茶カテゴリーを活動の柱として重点をおき、積極的なブランド投資を行い、取り組みの強化を図る」としている。

〈サントリープロダクツ宇治川工場生産設備増強概要〉
▽工場所在地=京都府城陽市富野荒見田80
▽設備仕様の増減=無菌充填ペットボトル製造ライン(1ライン増設、既存のホットパック1ラインを廃止)
▽着工=18年夏
▽竣工・稼動=19年8月
▽年間生産能力=約1000万(増設分、工場全体では約2700万~3000万)
▽主な製造可能商品=「GREENDA・KA・RAやさしい麦茶」「クラフトボス」など。

〈食品産業新聞 2018年3月1日付より〉

【関連記事】
2017年のトクホ茶 販売実績1位はサントリー「伊右衛門 特茶」
サンドウィッチマンが“サントリー烏龍茶 アンバサダー”に就任、「東北愛ボトル」発売
サントリー「頂〈いただき〉」、累計1億本を突破
サントリー「プレモル」で〈神泡〉プロモーション始動、ビールの王道を進む