京都の名水「神山湧水」を守り続けてきた賀茂別雷神社(通称=上賀茂神社)と味の素AGF社は、松本幸四郎さんが同神社で「三番叟(そう)」を奉納上演する「十代目松本幸四郎 襲名記念奉納舞台 上賀茂神社 Supported by AGF『煎』」を18日に開いた。

この奉納舞台は、AGF「煎」のイメージキャラクターである松本幸四郎さんの襲名を記念したもの。上賀茂神社で歌舞伎が奉納されたのは約2600年の歴史で初めてという。

奉納舞台をひと目見ようと、当日は約1000人の参拝客でにぎわい、「神山湧水珈琲」と「AGF「煎」レギュラー・コーヒー上乗せドリップ香醇濃味/淡麗澄味」各1パックの3点セットが無料配布された。

松本さんは、今回の奉納舞台について「三番叟は五穀豊穣を願う舞であるため、お祓いやお祈りという意味があり、精いっぱいやらせていただいた。コーヒーは公演の合間などに飲んでいる。短い時間を長く感じさせてくれる存在だ」と述べた。

AGFの品田英明社長は「素晴らしい舞だった。幸四郎さんとはこれからも『煎』を通じて様々な取り組みをしたい」と話した。

〈食品産業新聞 2018年3月26日付より〉
味の素AGF社・品田社長(左)、松本幸四郎さん(右)

味の素AGF社・品田社長(左)、松本幸四郎さん(右)

【関連記事】
歌舞伎と和菓子のコラボ実現、十代目松本幸四郎さんが監修―味の素AGF
味の素AGF社・品田英明社長インタビュー 安心品質ナンバーワンを追求
東日本大震災で被害の窯元らと、親子対象に"器の絵付け体験" /味の素AGF
ひとり呑みを至福の時間にするおつまみ「夜九時のひとり呑み」/味の素冷凍食品