〈Google社提供のAI技術を活用〉
大塚製薬はこのほど、グーグルが提供するAI(人工知能)技術を採用し、食育アプリ「おいしいおえかき Sketch Cook-A nutritious experiment with Google」の配信を開始した。

子どもが描いた料理の絵をスマホのカメラで撮影すると、140万品以上ある「楽天レシピ」から最も絵に近いメニューを判別。絵の写真を実際の料理に近いイメージに“変身”させると同時に、栄養バランスを補完する食べ合わせメニューのレシピを提案することで、栄養バランスの大切さを学べるもの。

配信にあたり、大塚製薬は都内でイベント「アプリ体感レストラン」を開催。参加した子どもたちは、自分の描いた絵が「変身」する様子に歓声をあげた。

イベントにはゲストとして、イタリアンシェフの枡谷周一郎氏と、食べ合わせメニューの提案で開発に関わった管理栄養士の西村小涼氏が登場。

枡谷氏は「料理人でも勉強になる。自分も子どもと一緒に使いたい」、西村氏は「栄養はバランスが大切。定食のようなメニューを目指すと良い」などと語った。大塚製薬ニュートラシューティカルズ事業部新規事業開発室の辻祥子氏は「アプリが家族で栄養について考えるきっかけになれば」などと述べた。
自分で描いた絵を撮影し、アプリで“変身”させる子どもたち/イベント「アプリ体感レストラン」

自分で描いた絵を撮影し、アプリで“変身”させる子どもたち/イベント「アプリ体感レストラン」

〈食品産業新聞 2018年6月7日付より〉

【関連記事】
・“美しく生きる力”応援する「エクエル ジュレ」展開好調、CMも話題に/大塚製薬
・初の外国人女流棋士“カロリーナ”女流1級を「カロリーメイト」で応援/大塚製薬
・カラダづくりサポート飲料「リハデイズ」発売―大塚製薬工場
・「オロナミンC」インドネシアへ ハラル対応の製造ラインを新設/大塚製薬
・大塚製薬、東京・日本橋でセミナー 異業種協業で女性の健康を