キリン・トロピカーナは、2014年7月に発売した「トロピカーナ エッセンシャルズ」シリーズの販売数量が、今年5月末で累計2億本を突破したと発表した。

「トロピカーナ エッセンシャルズ」は「不足しがちな栄養素を手軽に補える」ことを訴求する果実飲料。現在、「鉄分」「食物繊維」「カルシウム」「マルチミネラル」「マルチビタミン」の5品を展開している。全て330mlプリズマ容器、定価122円(税別)。

〈5月までの販売数は前年比39%増〉
同シリーズは2004年にフランスで発売して以降、健康志向を背景にイギリスやカナダを始めとする世界各国で定着し、日本国内では2014年に「1日不足分の栄養素」入りのオリジナルレシピで発売。今年3月には果実の甘みを活かした“毎日飲み続けたくなる味”へと全品リニューアルし、2018年の販売数は5月末までの累計で前年比39%増と好調に推移している。

同社は好調の要因について、「健康ニーズ充足とおいしさの両立」、「栄養素名を大きく表記したパッケージなどの訴求点を分かりやすくする工夫」、「便利なキャップ付き紙容器の需要拡大」などがあると分析。山内浩一郎社長は本紙の取材に、「特に“マルチビタミン”が牽引している。リニューアル効果で回転が上がり、販売店舗も拡大しているのでさらに伸長しそうだ。果汁の新たな飲用価値を提供していきたい」などとしている。

〈酒類飲料日報 2018年6月14日付より〉

【関連記事】
・「本麒麟」が3カ月で1億本突破 「のどごし」に次ぐ史上2番目のスピード/キリンビール
・サントリー「頂〈いただき〉」、累計1億本を突破 リニューアルでアルコール8%にアップ
・ペットボトルコーヒー「クラフトボス」初年度で1,000万箱突破/サントリー食品インターナショナル
・セブン‐イレブン 2万店達成を記念し限定商品、「安全・安心・健康」前面に
・吉野家 世界2000店舗目 コロワ甲子園店オープン “阪神タイガース仕様”メニューも