アサヒビールは6月23日から9月30日まで、「ジャック ダニエル」の世界観が楽しめるイベント『JACKDANIEL'S EXPERIENCE 2018Japan』を全国17都市で順次展開している。

【関連リンク】
・『JACKDANIEL'S EXPERIENCE 2018Japan』公式サイト・地域別スケジュール

6月30日にオープンした東京会場のサナギ新宿では、一般公開前にプレス内覧会を実施。「JACK BAR 」や「JACK ACTIVITY」などのコンテンツを通し、ジャックダニエルの世界観を伝えた。

少人数制で実施したミニテイスティングセミナー「TALK&TASTE」では、「ジャック ダニエル ゴールド」「同シングルバレル」「ジェントルマンズジャック」など4種を提供(500円)。また、人気BARBER「MR BROTHERS CUT CLUB」によるカットショー「JACK & BROTHERSCUT CLUB」も実施した。

来場者見込みは、東京会場で約750人、全国17都市全体では、10,000人(昨年は47都市で13,000人)。なお、「ジャック ダニエル」の1~6月は、10%増と好調に推移している。

〈酒類飲料日報 2018年7月3日付より〉

【関連記事】
・透明なクラフトビール「クリアクラフト」、アサヒ直営4店で販売開始
・「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」発売、樽生と缶/アサヒビール
・4月1日のビールの定義変更で各社が新商品、柑橘フレーバーが主流
・ビール各社 “生”提供の負荷軽減に新提案 洗浄レス・卓上用ビールサーバーなど
・プレミアムビール 20~30代中心に飲用拡大 各社新商品を展開、海外大手も注目